よくあるご質問FAQ

共通

クラウド型レジシステムとはどのようなものですか?

インターネット経由でブラウザからアクセスしメニューや売上集計を一元管理をすることが可能です。
レジ毎にメニュー登録や売上集計をする必要がなく、全てクラウド上で実施することが可能です。
専用ソフトウェアや専用端末はなく、インターネットに接続されたパソコンであればどこからでもアクセスすることが可能です。

社員証決済(給与天引き)することはできますか?

社員証決済は個別に対応しています。お気軽にご相談ください。

どの決済ブランドが利用できますか?

交通系iC、SAPICA、iD、楽天Edyに対応しています。
他ブランドはオプションにて追加することができます。お気軽にご相談ください。
機能紹介

クラウドはどんなセキュリティ対策がされていますか?

クラウドは不正アクセス、脆弱性、不正利用に関するセキュリティ対策を実施しています。
詳しいセキュリティ対策は機能詳細ページをご参照ください。
機能紹介/

発注してから導入までどれくらいの期間がかかりますか?

最短2ヵ月程度を目安としています。
レジの種類やご要件によって納品までの期間が変動します。お気軽にお問い合わせください。

事前に(企業や食堂にて)準備が必要なものはありますか?

インターネット環境と電源コンセントはご用意をお願いします。
インターネット環境については、機器を含め弊社で手配することも可能です。

食堂運営のアドバイスをしてもらうことはできますか?

社員食堂運営会社をご紹介することが可能です。
その他レジなどITに関する部分は弊社で直接ご支援が可能です。お気軽にご相談ください。

導入実績が知りたいです。

導入実績は事例紹介ページをご参照ください。
事例紹介に掲載している企業以外の導入実績につきましては弊社までお問い合わせください。
事例紹介

電子マネーの残高照会はできますか?

レジ端末にて残高照会を行うことが可能です。
チャージ機能は搭載していないため、チャージはできません。

締め処理の時に、レジ毎にジャーナルを印字する必要はありますか?

レジ毎にジャーナルを印字する必要はありません。
売上情報はクラウド上でリアルタイムに自動集計されます。

レジを利用する時の流れが知りたいです。

下記がレジご利用時の流れです。
クラウド上でメニュー登録 ⇒レジ端末電源オン ⇒お会計 ⇒レジ端末電源オフ ⇒クラウド上で売上集計

メニュー登録はクラウド上で実施するため、レジ端末は電源を入れるだけでご利用いただけます。
精算処理もクラウド上で自動的に実施されるため、営業終了後は、レジ端末の電源をオフにするだけです。

レジのバージョンアップはありますか?

ソフトウェアの動作安定性向上等の目的でアップデートを実施しています。
起動時に自動で最新バージョンへ更新されるためアップデート時に実施いただく作業などはありません。
アップデート費用はかかりません。

売上データの保存期間は何日間ですか?

過去10年分の売上データをクラウド上で保管することが可能です。

導入時はどんなサポートをしてもらえますか?

現地での管理者トレーニングと運営開始日に立ち合いサポートを実施しています。

導入後はどんなサポートをしてもらえますか?

保守チームにて平日9時~17時の間、電話、メールによる問い合わせを受け付けております。
詳細な保守の内容につきましては、お気軽にお問い合わせください。

売上データはどんな形式でダウンロードすることができますか?

売上データはCSV形式とPDF形式から選択して出力することが可能です。

売上データはどんな集計方法で表示することができますか?

売上データは支払方法別、商品別、レジ端末別に集計タイプを変えて出力することが可能です。

売上データを修正(返金・商品変更等)することはできますか?

売上管理画面から修正することが可能です。
修正履歴はログに残すことが可能です。

レシートを再発行することはできますか?

レジ端末から直前に決済したお会計分のレシートを再発行することが可能です。
過去のお会計に遡って再発行することはできません。

レジの寸法を教えてください

オートレジ:約1000×500×850
セルフレジ:約400×200×300
詳細につきましては、お問合せ下さい。

オートレジ

どれぐらいの確率でAIは画像を認識してくれますか?

食器画像の学習により、ほぼ100%の認識率を実現しています。
詳細な認識率につきましては、お気軽にお問い合わせください。

どれぐらいの速さでAIは食器を認識してくれますか?

1秒以内にAIが食器を認識します。
撮影台にトレーを設置してから、1秒以内にお会計金額が算出されます。

AIの学習費用とは何ですか?

オートレジはAIで学習した食器画像をもとに、トレー上の食器を自動で認識し決済金額を算出します。
食器の認識率を上げるために必要となる費用です。

お皿も提案してもらえますか?

ご要望に応じて新しい食器をご提案することが可能です。

画像認識オートレジで識別できない食器はありますか?

色/形/大きさに特徴のある食器は識別が可能です。
ただし、色や形が同じ食器は大きさが異なる場合でも同一の食器として識別されることがあります。

セルフレジ

有人レジとしても利用できますか?

セルフレジは有人レジへの切り替えが可能です。
ランチ帯は有人レジ、ランチ帯以外はセルフレジに切り替えてご利用いただけます。
詳しくはお問い合わせください。

食券を発行することはできますか?

セルフレジでは、レシートと併せて食券が発行されます。

タッチパネル以外の画面操作方法はありますか?

テンキーを接続するとことで、タッチパネルとテンキーによる画面操作が可能となります。
メニュー画面はテンキーと同じ配列になっているため、簡単に操作することが可能です。

ドロアーを付けることはできますか?

ドロアーと連携することが可能です。
セルフレジではキャッシュレス決済のため、有人レジとしてご利用いただく場合に限ります。

音声読み上げ機能は何を読み上げてくれますか?

レジ端末にて操作した内容を読み上げます。
選択したメニューや決済金額、選択した決済方法を読み上げます。

レジ毎に異なるメニューを表示することはできますか?

クラウド上でメニューの配置画面を8つまで設定することが可能です。
レジ端末ではクラウド上で設定した8つから表示したいメニュー画面を選択することができるため、レジ毎に異なる画面を表示することが可能です。

資料をダウンロード サービスについてさらに詳しく知りたい方へ